見るだけなら、セレッソのアウトゥオリ監督が「サッカーの勝利」と興奮気味に語っちゃうくらい素晴らしい試合。でも、選手にとっては単なるドロー。奪った勝点はたったの「1」。

取材エリアで「悔しいです」と何度も繰り返していた森本貴幸は、近ごろものすごいオーラで近づきがたく、だからこそ近づきたくもなり、見るだけならめちゃくちゃ面白い。今シーズンはこの人を追い掛けると、ひそかに決めているのである。